社長 早川清三郎の経営理念

大切にしている三つの言葉

  • 株式会社 早川自動車整備工場
    代表取締役 社長 早川清三郎
    昭和12年11月27日生まれ 70歳 丑年
    血液型 B型
    出身:東京都品川区大井鮫洲(当時の町名) 日本大学理工学部機械工学科 卒業
    趣味:ゴルフ 学生時代は山岳部 若い頃は囲碁を少々・・・

いかにして食べていくか・・・それだけで精一杯の終戦直後

株式会社 早川自動車整備工場は、品川区大井に創業社長の父が立ち上げてから約72年。車検専門の自動車修理工場としては、おそらく日本で最も歴史が古い会社です。とは言え、その道のりはけっして順風満帆なものではなく、特に戦争中や終戦直後は、仕事はおろか、食べるモノを確保するのも必死の時代でした。

小さい会社にとって、仕事と人材の確保が課題でした。

二代目である私が会社を引き継いだ昭和39年も、人手不足が大変でした。映画「Allways 三丁目の夕日」をご覧になった事がある方なら想像できると思いますが、下町の小さな町工場で働いてくれるような人は、なかなか確保できず、また腕の良いガンコな先輩職人とのコミュニケーションにも苦労しましたが、常に彼らと同じ目線で考え、接することで何とか力を合わせてここまできました。

困っているお客様は、最優先での瞬時の対応を心掛けています。

この姿勢は、お客様との関係作りにも活かされています。常にお客様の立場に立って考え、行動するよう心掛けています。お客様が困っていると連絡が入れば、どんなに忙しくても飛んで行きました。待たせてはいけないと、あっという間に駆けつけました。

誇れるモノなど何もないが、今でも大切にしている三つの言葉。

今でこそ、陸運局の車検場の目の前という立地、豊富な設備、独自のノウハウ等の当社の強みを活かした「ユーザー車検サポート」をメインサービスとして経営していますが、仕事が無かった時代から大切にしている事が三つあります。

「正直」「誠心誠意」「労を惜しまず」

この三つの精神は、どんなに時代が変わろうとも揺らぐことのない早川自動車の基本理念であり、先代社長の父から引き継いだ私のこだわりです。これからも社員と共に、常にお客様の立場で考え、この三つの考えの原点を忘れることなく、精進し続ける職人集団でありたいと思っています。

株式会社 早川自動車整備工場 代表取締役 社長早川清三郎

トップページへ戻る
ユーザー車検をサポートする自動車修理工場 株式会社 早川自動車整備工場
〒140-0011 東京都品川区東大井1-7-14 電話03-3474-2933 FAX03-3474-3846
対応エリア:千代田区、中央区、港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区